Elvez Tech Blog

高齢者支援サービス「エルブズアップス」、「御用聞きAI」を運営している株式会社エルブズのメンバーが開発に関する事や、プログラミングの話、ツールの紹介などを綴ります。

エラー解決:Unity+PlayMakerのバージョンアップ方法

Oct 26, 2018 11:19:38 AM / by 冨永善視

Unity+PlayMakerのバージョンアップ:

御用聞きAIの開発にはUnityを使っています。また、ビジュアルスクリプティングの定番として有名なPlayMakerを活用しています。

今回は、UnityとPlayMakerのバージョンアップ方法をご紹介します。

  • Unity最新版のインストール
  • 古いAssetファイルの退避と削除
  • PlayMaker最新版のインストール

Unity + PlayMaker Version Up

1)Unity最新版のインストール

プロジェクトのバックアップ

Unityのアップデートを行う前に、プロジェクトのフォルダを丸ごとコピーしておきます。

 

UnityDownloadAssistantのダウンロード

Unityのダウンロードページから最新版のDownloadAssistantをダウンロードします。

今回は2018.2.13をダウンロードします。

 

Unityの再インストール

デフォルトで設定されているパッケージを再インストールして、Unityをバージョンアップします。

 

Unityの起動

再インストールが完了したらUnityを起動します。プロジェクトのUnityバージョンと現在のUnityバージョンが異なるため、起動時にファイルがコンバートされます。

 

2)古いAssetファイルの退避と削除

ResourceとTemplateの退避

Unityのバージョンアップが完了したので、続いてPlayMakerのバージョンアップを行います。PlayMakerのトラブルシューティングによると、最新版へアップデートする際、いくつかのファイルの退避と削除が必要とされています。

 

退避するファイル

  • PlayMaker/Resources/PlayMakerGlobals.asset
  • PlayMaker/Templates/ 

 

削除するファイル

  • PlayMaker/
  • Plugins/PlayMaker/
  • Plugins/Editor/PlayMaker/

 

古いインストールパッケージの削除

古いバージョンのインストールパッケージが残っている場合、AssetStoreで最新版のAssetをダウンロードできません。事前に古いパッケージを削除しておきます。macOSの場合、以下のファイルを削除します。

~/Library/Unity/Asset Store-*

 

3)PlayMaker最新版のインストール

最新版のダウンロード

AssetStoreでPlayMakerのページを表示します。古いパッケージを削除するとDownloadが選択できるようになるので、パッケージを再ダウンロードします。

 

PlayMakerのインポート

パッケージをダウンロードしたら、Editor>Asset>CustomePackageからダウンロードしたファイルを選択し、PlayMakerをインポートします。

 

退避したファイルの再配置

インポートが完了したら、削除したPlayMakerフォルダが作成されています。退避しておいたファイルを元の場所に戻します。

 

Unityの再起動

最後にUnityを再起動して、バージョンアップ完了です。

 

いかがでしたでしょうか。

エルブズでは、Unityを使った開発に興味のある仲間を募集しています

ご興味がありましたらお気軽にお知らせください。

--

地方創生ポータルサイト エルブズ(elvez.jp)



 

Topics: Unity, PlayMaker

冨永善視

Written by 冨永善視

地方創生ポータルサイト エルブズ | お問合せ | 御用聞きAIiOS版 | Android版) | 高齢者生活支援対話システム | 資料請求 | ビデオ | 採用情報
Copyright 2019 | 株式会社エルブズ